Ej[X
日銀金融緩和  山伸ブログより引用
2013 年 4 月 22 日 by ヤマモト
きのうは株式講演会(FP研究所主催)が文京シビックセンターで朝10時からと、午後1時半からのダブルヘッダーでやったので、疲れ果てた。いつもは毎月最終日曜日の午後の1回だけだから、休日気分でやれるのだが、さすがにきのうのダブルヘッダーで懲りた。

とは言うものの、きのう取り上げた銘柄(ノンバンク、含み資産株がほとんど)は今日、ストップ高2銘柄を含めて値上がりランキング上位に入ったものが多いので、参加者にとってはいい講演会だったのかもしれない。次回は4月26日モーニングスター社主催の講演会となるが、ゴールデンウィーク中の相場をどう読むか。そこがポイントになる。

ストップ高したのはイー・ギャランティ(8771)とJトラスト(8508)。Jトラは3560円で寄り付き、10時過ぎに3465円まで売られたのだが、後場になって様相が一変して、3時過ぎに700円ストップ高の4140円と年初来高値を一気に更新した。大引けは660円高の4100円だった。Jトラについては先月の講演会で目標株価を1万円としたのだが、意外に早く達成してしまうかもしれない。

神奈川中央交通(9081)も一時ストップ高目前の99円高、741円まで買われたが、大引けは75円高の717円。ほかに藤田観光(9722)も14%高の552円と急伸している。

これまで注目銘柄に挙げてきたよみうりランド(9671)は今日、ついに4桁に乗せて引けた。このように、有力な含み資産株は軒並み水準訂正してきており、あまり短期で利食わないでじっくり持っていた方が高パフォーマンスが得られるような気がする。ノンバンクについても同じだ。