Ej[X
米国債のデフォルト
この件に関しては、前回書いた通りで、米国債のデフォルト(債務不履行)など起こるわけないのだが、米与野党のチキンレースはタイムリミットと言われる17日を過ぎても続くものと予想する。共和党茶会派の無謀な抵抗は、イラクで頻発している自爆テロと本質が似ている。

そんなわけで、好むと好まざるとに関わらず、世界の投資家はこの無謀なチキンレースに付き合わざるを得ない。しかし、政府貨幣の裏ワザがあることを知っていれば、このチキンレースを冷静に観戦することができるだろう。もちろん、先週書いたように、ポジションは極力落としておかないと、このレースを楽しむことはできない。

いくら茶番とはいえ、欧州債務危機の際と同様、政府や金融当局が危機を収束させるつもりがなければ、危機は続いてしまう。オバマ政権は、今回ばかりは共和党がオバマケア(医療保険制度改革)の予算凍結を主張している以上、絶対に譲歩できない。つまり、政権側が株式市場や景気を人質にとっていると言ってもいいくらいだ。

だとすれば、チキンレースは市場の予想よりも長引くと見ておいた方がいい。なので、タイムリミットと喧伝されている今月17日よりも前に解決する可能性は低いような気がする。ウォールストリート・ジャーナルなどマスコミの大半は共和党寄りだから、なかなか世論も共和党が悪いとは書かないし、むしろ危機を煽る方向に動いている。

何度も言うようだが、いまは絶対に無理をせず、ポジションを落として生き残りモードで嵐が過ぎ去るのを待つべきだろう。