ミョ
東証大引け、大幅続落 世界景気の悪化懸念、今週の上昇帳消し
7日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に続落した。大引けは前日比316円14銭(3.55%)安の8583円ちょうどだった。前日の大引け後にトヨタが2009年3月期の連結営業利益を1兆円下方修正したことをきっかけに世界的な景気悪化懸念が強まり、自動車株など輸出関連株が売られた。為替の円高進行が大幅な下方修正の一因になっていたこともあり、きょうの円相場に対しても神経質な反応が目立った。一時は下げ幅が630円を超え、8260円台まで下げたが、安値では公的年金や個人投資家とみられる買いが入ったとの観測が出て、やや下げ渋る展開だった。東証株価指数(TOPIX)も大幅に続落。4営業日ぶりに節目の900円を割り込んだ。

 日経平均の終値は10月31日以来の安値水準。この2日間で938円下落し、その前の2日間の上昇分(944円)をほぼ帳消しにした。外国為替市場で円相場が1ドル=96円台、1ユーロ=122円台に上昇すると日経平均の下げ幅は広がったが、その後は上昇ピッチが緩んだことが下げ渋る一因になった。GLOBEX(シカゴ先物取引システム)でナスダック100株価指数先物が堅調だったことや、韓国の追加利下げ決定後、総じてアジア株式相場が底堅かったこともきょうの株式相場を下支えしたとの見方も出ていた。

 東証1部の売買代金は概算ベースで2兆1896億円、売買高は同27億1704万株。値下がり銘柄数は1360、値上がりは296、変わらずは58だった。〔NQN〕